おおきな違いが新築物件と中古物件にはあります。それは、築年数による耐用年数です。新築物件では長い耐用年数になります。利回りに新築物件と中古物件の違いがなければ新築物件の方が長くに渡って安定しているのです。平成12年には、住宅の品質確保の促進等に関する法律が制定されました。しかし、それ以前とそれ以降の広がりは大きいです。

また、中古物件といってもさまざまな中古物件があります。築年数数年のものや築年数何十年といったものまで本当に幅が広いのも事実です。新築がいいといった場合には、築年数が数十年のものと比べた場合になりますが、築年数がまだ数年しか経っていない中古物件と新築物件を比べると新築物件があきらかにいいとは限りません。投資用不動産選びは、質の良い物件を紹介してくれるパートナーも重要になってくるのです。そのパートナーが悪いと質の悪い物件を紹介されて大変な事になりますので注意してください。

また、投資は長い間で行うものですからそのパートナーとの関係は良い関係を築く事がポイントとなってきます。パートナーとのマメな情報交換はもちろんの事、投資するあなた自身も投資物件について地域や費用などをしっかり考えておくことが大切です。また、自分の考え方だけでなくパートナーの意見もしっかり聞き入れましょう。
パートナーの存在は、とても大きいものになります。投資は、パートナー選びが重要ですね。パートナーとの関係性を大切にしましょう。

Written by 健太 健太