新築投資物件は、始める際に少しの資金からでも可能です。物件にもよりますが、評価が高いと95%融資してもらえる事もあるのです。金融機関による第三者査定をされているので、資産価値は安心できるものであります。

次に、安定した家賃収入が得られます。それは、長期空室保証でリスクヘッジが出来るためです。長期空室保証は20年以上です。長期空室保証でリスクヘッジが行えるのは新築物件の一部のみになります。融資でお金を借りていても毎月の収入が安定しているため、計画的に融資返済も出来るというわけです。中古物件は、空室が目立ちます。

物件を購入する前は、全室満室という設定で決められています。中古物件には、2年保証もありますが、長期空室保証とは比べ物になりません。それに加え、中古物件にはリフォーム費用なども必要になってきます。
保証期間で、その物件の価値が判断されているという風にも考えられます。そして、場所によっては売却率を得る事も出来ます。

最後に、税制的なメリットは大きいです。会社員の人でも、1年にしておよそ10万円~120万円の税金還付や減額などが期待できます。こうしたメリットは、大きなものを1つ所有しているよりもワンルームマンションなどの方が相続時に分けやすいなどのメリットもあります。
こうした反面、中古投資物件では多額の資金が必要だったり、リスクはあるが高い利回りに挑むことが出来たり、売却率を得られたりすることがあります。

Written by 健太 健太