住む所は、一生の問題になってきますよね。特に、物件を購入する際にはちゃんとした物件を選びたいという人がほとんどでしょう。そこで、新築物件と中古物件のメリットとデメリットをご紹介します。

「新築物件」

メリット:外観、内装すべてにおいてきれいである。最新の設備やシステムが整っている。誰も使用していない所がいい。メンテナンスがいらない。デメリット:中古物件よりも価格が高い。注文住宅では、自由設計も出来るが設計書と実際に見た建物では想像と異なる場合もある。

「中古物件」
メリット:新築物件よりも価格が安い。外観や内装を事前に確認して購入出来る。すぐに入居が可能。まわりの環境が整っている場合が多い。デメリット:リフォームが必要になる場合がある。誰かが住んだことがあるので以前住んでいた人が気になる。設備やシステムが一昔前の事がほとんど。

新築物件と、中古物件ではメリットやデメリットがあきらかに異なります。どの点を重視するかは、入居者の判断によりますが、やはり住みやすいのは新築物件ですよね。築年数が、相当なものは購入した後に直さないといけない箇所が出てきたらせっかく安く購入しても意味がありません。
また、中古物件でも築年数が少ないきれいな物件もたくさんあります。そういった物件を選べばお得だと思います。中古物件を購入する際は、良くチェックしてから購入するようにしてください。中には、新築物件と同じくらいの価格の物件も存在します。

 

新築で家を建てるという方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな新築物件を建てるときにはローンを組むことになるでしょう。何年もの長いローンを組んでの夢のマイホームとなるかもしれませんが、それを守ることも必要です。日本は地震が頻繁に起こりますし、あなたの住んでいる地域も決して例外ではないかもしれません。災害から家を守るために保険に入っておくことも必要です。

Written by 健太 健太