賃貸物件では、よく目にするのが「新築物件」ですよね?その「新築物件」という表記に心惹かれます。実はそんな新築物件には、決まりがあるのです。新築物件を正しく知らない人も多いのでは?
そこで、新築物件の意味をお教えします。新築物件は、その名の通り新築の物件である事です。完成してから1年未満であって誰も住んだことのないものを新築物件と表記する事が出来るのです。このどちらにも当てはまらないと新築物件と表記できないので、少しの間でも誰かが急入居したら新築物件ではなくなります。

そうなると、「築浅」という表記になります。また、新築物件で誰も入居した事がないのに1年以上経ってしまった場合にも新築物件ではなくなります。こういった表記制限は、不動産広告の決まりがありますが、全ての不動産に言える事ではありません。
中には、誰かが入居してしまっていても1年未満だからと新築物件と書かれている場合もありますので、注意してくださいね。

「新築物件」という表記はとても魅力があるものです。ですので、不動産側からしてみれば出来るだけ「新築物件」と表記したいのです。それほどまでに、「新築物件」の表記の魅力は絶大なものなのです。
こういった「新築物件」は、敷金礼金や、賃料が高いので不動産側としてはとても良い物件です。また、新築物件は入居者からの人気も高いので入居する率も高まります。
新築物件の表記を見て、その物件に入居したいと考えた人は、一応いつごろ建てられたのか、誰も入居した事がないか確認してみるのもよさそうですね。

Written by 健太 健太