ネット社会になりました。インターネットの利点は、多くの情報にたやすくアクセスする事ができる点にあります。今では検索エンジンがメインとなり、検索という手段で一層楽にデータを入手できるようになりました。インターネットの普及は、ビジネスにおいても個人においても、膨大な改革が起きました。

ビジネスにおいては、情報をやり取りするメール、情報を出すホームページ、商品を購入することができるネットショッピングなど、今では当然のように普及しているこれらも、インターネットの普及のためです。パソコンとインターネットの普及が進行したことで、企業においても情報技術が進み、アナログからデジタル、紙の媒体からデータへと利点が多いため、短期間で急激に普及しました。個人でも、急速に普及したスマートフォンやチャットやインターネットを利用した電話など、コミュニケーションツールの根幹には、情報通信があります。コンパクトな端末であっても、つながるのはインターネットですから、その可能性はさらに広がったといえます。

回線の種類においては、電話回線を使った通信から、光ファイバーを利用した高速回線が主流になり、昨今については、高速モバイルインターネットが劇的に普及しつつあります。前までは無線ですと、速度が極端に遅かったりしたのですが、昨今においては有線に迫る速度がでるようになり、外出先であっても、高速回線で快適にインターネットを使用できる環境が整ってきました。インターネットのメリットは非常にたくさんありますが、手にしたデータの取捨選択も大事です。

一例として、手にしたいデータを調べてそのデータが誤っていた際は、ずっと正しい情報として覚えられてしまいます。

一方、優れたネット社会の影響で犯罪なども急増しております。ネットを閲覧しようとして広告をクリックすると、ワンクリック詐欺になってしまい、請求が来ることもあります。普及したことは非常に便利なのでしょうが、このようなトラブルに巻き込まれることも十分考えられます。巻き込まれない為にも、考えて閲覧をしなければなりません。

Written by 健太 健太