新しいテクノロジーが進展し、今の社会ではインターネットの普及がどんどん進んできています。インターネットの普及に伴い、インターネットを利用したサービスも、買い物や動画再生、電子書籍、音楽とか様々なものがあります。ネットによるクラウドサーバーを活用したファイルの共有もネットを使った都合のいい一つのサービスです。

ひと昔前はパソコンを活用して複数の人手作業をする場合に、一つの資料を、パソコンを用いて作成し、それを他のメンバーにメールなどを使って送り、それを受け取った人が作業の続きを行うなど、そのたびにファイルのやり取りをパソコン同士の間で行わなければならないので面倒で時間もかかりました。

しかし、ファイル共有の機能を使えばそのような時間も掛からずに、スムーズに効率的な作業を行うことができます。

ファイル共有については、クラウドサーバーと呼ばれる、インターネット上のサーバーを用いて行われます。簡単に言うと、パソコンの中にではなくインターネットの中にファイルの保管庫をつくるようなイメージです。

インターネット上にあるクラウドのサーバーという保管庫などにファイルを保存し、それを各自のパソコンからアクセスすることで同じファイルを共有できるのです。ファイル共有を行うことで、いちいちパソコン同士でファイルのやりとりをすることが不必要になります。その上、クラウドサーバーのなかには自動にてバックアップを作成するので、誤って消してしまったファイルを元通りにすることもできます。

手間が省けリアルタイムで進捗状況を確認できることから複数人で作業を行うことができ、業務の効率化にも繋がっています。そのためビジネスシーンでも重宝されており、今後も多くの場面で活躍していくことでしょう。もちろん限られた人がアクセスできるインターネットの中で管理をするため悪用される可能性は低いですが、多用するようであればセキュリティの対策もこれまで以上に厳重にしておいた方がより安全に情報を守ることができます。

Written by 健太 健太