比較的後手になってしまいがちな屋根のリフォームですが、家の耐用年数を伸ばすキーとなるリフォームの1つだと言えます。屋根のリフォームは大雑把に分類すると3つの方法になります。

1つ目の仕方は、屋根の塗装の塗り替えです。屋根材や下地が老朽化していない時は、再塗装だけで大丈夫です。

2個目は、屋根材の二重張りはカバー工法とも例えられ、既存の屋根に新規の屋根を二重にしていく方法です。葺き替えよりも割安な価格で、屋根が二重なので断熱効果もあがります。

3つ目は、屋根の下地まで直す葺き替えです。カバー手法で不可能だった事例で、この工法になります。

建て替えずリフォームをする利点はどこだと思いますか。一番の良い所はかかるお金です。基礎工事から工事がいる事例を別として、リフォームの方が安い予算で済みます。
次に、生活を維持したままリフォームを施すことが可能なことだと思われます。転出などをしなくてOKなので予算面は当然のこと、気分的にも気楽です。そして、住居内の改装を行うと、新しく建築する時と同じ程度の部屋に変わりますし、家の外見をリフォームすると外観から調べても、新築同様になるでしょう。また、家に関する税金も配慮の対象に当たるので調べてしましょう。

大概大手のリフォーム業者と地元リフォーム業者どちらも特徴が存在します。皆さんがリフォームに何を希望するかで、大手リフォーム業者がぴったりか、地元リフォーム業者ががぴったりかが分かれます。最も新しい設備、多くの選択肢から内装を選びたい方は大手リフォーム業者がベストかもしれないです。インテリアなども相談にのってくれるでしょう。リフォームが完成した後でも相談にのって欲しいと要望する方は地元リフォーム業者が適切かもしれません。施工者の例外的なお願いに早く対処してくれるのは地元リフォーム業者だと思われます。

Written by 健太 健太