子どもが大好きなおもちゃは、年齢とともに変化していきます。その中でも幼児期の選び方としては、脳や手先を使うモノが最適です。

というのも、売り場に行ってみるとわかるように、未就学の子ども向けには知育系のおもちゃが多く、指を使ったり、いろんな仕掛けがあって、使う子どもが思いのままにいじれるもの、また細かな積み木で自分の好きなものを想像して何かを作り上げるといったものが多数売られています。

おもちゃの選び方 | nanapi [ナナピ]

素材も木製からプラスチック、柔らかなシリコンなど様々なものがありますが、素材に関しては、子どもが扱いやすいものを選ぶとよいです。
ただし、どんな素材のモノであっても知育に工夫がなされていても、一人で遊ぶよりも、誰かと一緒に遊ぶことがさらに刺激になります。

親が話しかけながら子どもに促したり、兄弟でちょっと取り合いになりながらも少しずつ作っていくのも、一人で遊ぶのとは違った発想がうかぶかもしれません。
幼児期を過ぎれば、お友達が持っているモノを欲しがったり、さらに大きくなればゲームに夢中になり、手先を使って遊ぶことが減ってきます。

なので、発達に大事なこの時期には、素敵なおもちゃに出会い、いろんな人に囲まれながら遊べることが大切です。
小さな頭で考えて作り上げる作品は、なかなかダイナミックであったり、繊細であったり、その子どもの個性が思う存分発揮できる機会でもあります。

この機会を大切にして、できるだけその才能を伸ばしてあげられる選び方が出来ると、子どもなりにどんどんいろんなものを見つけられます。

Written by 健太 健太