子役を目指すには養成所などに所属してオーディションに臨みます

芸能界に入りたいのであれば、子供のころから芸能界を志す、または親の意思で芸能界入りを目指す場合には、早期から俳優養成所、またはプロダクションに所属していることが大事です。言うまでも無く、芸能界という特殊な世界で花を咲かせようとするなら常にその業界の近くにいる必要があるからです。このポイントについては子役として活躍する場合であろうと一般のテレビ俳優であろうと、あるいは映画やCM、舞台俳優を目指すかどうかに関係なく同じようなことが当てはまると思います。
まずは子役として俳優養成所かプロダクションに所属して、親と子役を目指す芸能界といったものがどんなところかを知るところが重要になります。

突然、オーディションに応募したとしても、書類選考の段階で落選することが続くかもしれません。逆に素人でこうしたオーディションに書類選考で通った場合でも、技能試験や面談でどのような課題があるのかもわからないのであれば、対策のとりようもありません。
こうした俳優養成所や芸能事務所であれば、業界の人脈やどういったオーディションがあるか、どういった流れでメジャーデビューを果たすことができるのかをきちんと把握しているわけです。

ここで子役本人の適正や長所短所をしっかりつかんだ上で、まず、芸能界で生き抜く力があるのか、または当人のやる気があるのかを確認してからオーディションに応募してみてください。子役のオーディションとしては親やプロダクションの思いが強く、子役本人の思いがどうなのかがうまく反映されないことがたくさんあります。
現実に実力や適性があっても本人のやる気や本気度が全くなければもちろん、活動を続けていくのは難しいものです。

だからこそ、子役に対してはとても難しい話かもしれませんが、正しく本人に対する動機づけをしてあげなければいけません。ある程度の動機づけがあれば、その気になって頑張る子役もかなり出てきます。こうやって将来のスターをつくる第一歩となっていくのです。

Written by 健太 健太