オーディションで新人がアピールすべきこととは

気持ちは大事なもので、オーディションを受ける際には新人としての心意気を守る必要があります。ここで言う新人というのは、芸能界にデビューする前の新人という意味で、芸能人としてデビューを果たした時に使われる新人という意味ではありません。

新人がオーディションを受けて芸能人になることは珍しいことではありませんが、オーディションは芸能事務所が経常的に主催して開催しているオーディションと、芸能事務所が目をつけた芸能人になりたい人に個別で行う周期的でないオーディションの2種類に分けることが出来ます。
芸能事務所が主催して行う定期的なオーディションは都市部などに専用の会場を借りて行われることが多く、その場所には新人の芸能人志望の人達が数多く集います。

オーディション会場では様々なオーディションにおける審査が芸能事務所の担当者の手で行われますが、芸能事務所が主催するオーディションでは自分自身をいかにアピールして魅力を引き出すことが出来るかが、芸能事務所主催のオーディションの審査に新人が合格できるかの分かれ目となります。オーディション会場には芸能人やモデル志望の人達である新人の人が多数集まり、目標を達成するための手段としてオーディションに合格する為に、様々な努力を積んできた結果をオーディション会場で見せようと必死になる姿を見ることがありますけども、芸能事務所が主催するオーディションではあまり気負わないで、普段の自然な自分そのままの、地の姿をあえて芸能事務所のオーディション担当者の目の前で見せることで好印象を得られることもあります。

Written by 健太 健太