目指すモデル像を固めてからオーディションに挑みましょう

ファッションは、常に女性の関心事であり、いつの時代であれモデルは常に大人気で憧れられる存在です。モデルが使用しているグッズが爆発的にブームになったり、御用達のブランドで品切れ商品が頻発したり売り上げがアップしたりします。人気モデルはファッション雑誌で引っ張りだこですから、雑誌のモデル特集にそれらの情報が載ると、直ぐに読者が反応し、巻末等にある掲載の情報を参考に買い求めるのです。

商品をよりよく見せるという仕事でもありますが、スタイルがよいだけでなく、オンリーワンな魅力、人間らしさ、意外性のようなプラスアルファがあるかどうかが、トップになれるかどうかを大きく左右します。
モデルはファッションモデルやマガジンモデル以外に、ショーモデルやパーツ用のモデル、企業や限られた媒体の専属モデルなど実に多岐にわたります。まず自分がどういったジャンルのモデルになりたいかをよくよく考えてから、そのジャンルのモデルが仰山所属するモデル事務所のオーディションを受けるのが近道です。

以前は高身長が必須条件でしたが、今ではSサイズ、SSな大きさのモデルやぽっちゃりモデルなど幅が広がっているのも大きな特徴です。その分誰にでもモデルになれる夢があるといえますが、やはりそれぞれのジャンルで第一人者になるには並々ならぬ努力と抜きんでた才能が必要になります。しかしデビューした当初はまったく注目されていなかったのが、経験を積むことで磨かれ、急に注目されはじめ、表紙やトップページを飾るモデルに選ばれるケースもあるので、チャンスは誰にでも平等公平にあると言え、努力し甲斐のある、挑戦する甲斐のある職業でもあります。

Written by 健太 健太