翻訳に必要な資格とは

翻訳する仕事向けの資格はもちろん存在しており、それが通訳案内士と言います。 この手の資格は獲得して当然の資格です。 資格を獲得したからと言って、翻訳会社に入ることが出来るとはいきません。 他の仕事でも言えることですが、資格はあくまでも腕試しのようなものです。 一部の資格は獲得を義務付けられていますが、実力があれば翻訳業はやっていけます。 しかし、通訳案内士以外の資格も同様に獲得しておくことでアピールとして使用することができるので、獲得をおすすめします。

4

翻訳会社に入社するには

翻訳会社は日本では現在そこまで多くありません。 近い将来海外との交流をしていく必要があるのでこれから必要になっていくことでしょう。 ですから、これからは増えていくかもしれません。 そのようになったら会社の求人が多く出てくるかもしれません。 しかし、現状ですと翻訳会社の求人は少なく、実力をつけてから誰かに紹介、あるいは専門のところに紹介してもらう必要があるでしょう。 故に、翻訳会社に入社するためにも実力をつける必要があります。

翻訳会社で求められる仕事とは

翻訳会社が求めるものは、もちろん翻訳をしっかりと出来る人です。 しかし、他にも人としてコミュニケーションがうまい人が求められているでしょう。 基本的に翻訳会社の仕事は、翻訳であり会社との取引などの仕事が多くあります。 特に、日本の会社と海外の会社と直接会話で交渉することが多いでしょう。 その時にコミュニケーションが不足して変な翻訳をするよりも、うまい言い回しの出来るコミュニケーション能力が高い翻訳士を必要としています。 交渉の翻訳次第では成功、失敗を左右します。

Written by 健太 健太