香典返しで恥をかかないために

香典返しで恥をかかないためには幾つかの常識を理解する必要があるでしょう。 それを理解することができれば、ある程度は恥をかかないで済みます。 しかし、ここで注意して欲しいのが地域との違いです。 自分が理解している香典返しが地域によって異なっており、それを知らないままでやってしまい、マナーが悪い人とならないように注意です。 ですから、それを踏まえても地域の香典返しのことを再度調べておいた方が良いです。 ちなみに、あくまでも自分の地域で良いです。 送る先によって変えていたら大変です。

0040

香典返しのおすすめのお品

香典返しをする場合に品を考えないといけません。 別にプレゼントを用意するわけではないので、一定のもので良いのです。 結構多いのがお茶やお菓子などの食品、石鹸やタオルの日用品を送ることが多いでしょう。 お茶やお菓子は日持ちがするものが良いです。 ただし、地域によって適さないものもありますので注意です。 タオルなどの日用品は、あったらよい程度の品です。 これは喜ぶ人もいれば、あればいいかなくらいで考える人がほとんどなのでそうそう嫌がられることはないでしょう。 ちなみに、肉酒やお酒は避けことがマナーです。

香典返しはどのようなときに行う?

香典返しをするにしても時期というのがありますので注意です。 変なタイミングで贈ることはマナーには良くないです。 香典返しの時期としては、忌が明けた後というのが本来の意味合いです。 宗教などによって時期が若干違うので注意が必要ですが、おおよそ30日後から50日後が返すタイミングです。 時期が若干異なりますが、だいたい似たようなタイミングで返すことになるでしょう。 ですから、そこまでマナー違反になることはないですが、あまりにも遅すぎたり早すぎたりしたら流石に良くないので注意です。

 

香典返しには、贈ってはならないものがあることがわかりましたね。こうした香典返しなどのマナーはしっかりと覚えておいた方が良いでしょう。香典返しに、どのようなものをもらったことがありますか?そのような点などを踏まえて、自分が贈る側になった時のしなものを考えましょう。また業者の人にお任せするのも良い方法でしょう。確実な方法なので、安心できるかもしれませんね。

 

Written by 健太 健太